カブトムシ・クワガタの捕まえ方と飼育方法

top_000.jpg

クワガタとカブトムシを探してみよう!

実はそんなに珍しい昆虫ではないのです

活動時間や採取ポイントを見極めて♪

トラップ作りも工夫しながら楽しみましょう!

採集する時は注意を払いましょう!

危険な行動をしない事!

カブトムシやクワガタを捕まえに行く時は、家族に行き先を教えておきましょう

高い場所に登ったり、落ちそうな場所には行かない事

スズメバチなどにも注意を払い不用意に近づかないで避けましょう!

不審者などが不審な行動をしている人がいたら家族や交番など連絡して下さい

危ないと感じたら無理な行動はしないで、他の場所で捕まえる事を考えましょう

そだて方: 2008年7月アーカイブ

080718.jpg今年はクワガタを捕まえるのに苦戦していますw

毎年、この時期には、何匹かのクワガタを捕まえて飼育していのですが、自宅で養殖したノコギリクワガタのオスだけという寂しい飼育ケース環境となってしまっています

原因は不明ですが苦戦してます

当たり前のことですが、つがいにならなければ卵を産卵させることも出来ないのであせっております。このままの状態が続くようであればノコギリクワガタのオスを逃がすことも考えなければなりません

クワガタを捕まえるためのワナ、トラップはについては、まだ仕掛けていないので、今週末あたりにスペシャルトラップを仕掛けてみようと検討中です。去年は捕まえに出かけると必ずといってよいほどゲットできたので今年は反動でよけいにあせってしまっております

捕獲ポイントはキープは確保できているのですけれど・・・

早くノコギリクワガタのメスを捕まえてペアにしてあげなければ産卵が難しい状況となってしまう危険性もあるので毎日ポイントチェックは欠かすことができません

ちなみちに当サイトの管理者の住んでいる場所では昔からノコギリクワガタのメスをぶーちゃんと呼んでいますが、みなさんの所はちがいます?

080711.jpgわが家でそだてていたノコギリクワガタにやってはいけない事をやってしまったようで後悔しております

土の中から早く出しすぎてしまった

クワガタは幼虫からサナギになって成虫になるまで土の中や産卵木の中で過ごします。成虫に成長してからも活動を始めずに次の夏までジーっと土の中や木の中にいるのです

冬の間も成虫の姿のまま動かないのです

その間は特に世話をすることもなくほったらかしていて大丈夫なのですが、今年の5月ごろに幼虫なども含めてケースを掃除したり、土の入れ替えなどをした際に・・・

もう活動時期だろう

と勝手に判断して他の幼虫たちと一緒に土に返さずに今年の夏用に用意していた飼育ケースにノコギリクワガタのオスを1匹だけ移してしまったのです

その後も毎日ノコギリクワガタを観察していたのですが、いっこうに活動を始めないのです。餌にも見向きもしません。じーっとしているのです

そのまま一ヶ月が過ぎた頃にようやく活動を始めて餌も食べ始めたのですが、1週間ぐらい経ったころに、また活動が休止してしまいました

無理やり土や木の中からクワガタを出してしまってはいけなかったのです

クワガタが活動を始めるタイミングはクワガタムシ自身にしかわからないようです。もうすぐ夏だからといってケースを移してしまった為に短命となってしまわないよう日々観察してそだてております

冬の間に飼育ケースから無理やり出してしまうのは絶対に止めましょう!

080702.jpg同じ種類のオスとメスのクワガタムシのペアでそだてている場合は産卵用の産卵木を用意してあげましょう。クワガタは木に卵を産むことが多いからです。

産卵木は市販されているものを用意したほうが、面倒がなくて簡単です

産卵用の木をやわらかくして卵を産みやすくするために一日だけ水につけておくことが必要です。バケツなどに水を入れて産卵木全体が水につかるようにします。場合によっては重しなどを乗せて沈めます。

十分水にひたして水分を吸収したら半日から一日ほど日干しをして乾かします。

ほどよく乾きましたらマット(土)の中に埋め込みます。出来るだけ産卵木が隠れるようにしてあげると良いです。

市販されている産卵木は意外と大きめなので飼育ケースも大きめの物が必要となりますので購入の際は注意してください。クワガタムシに産卵させることはさほど難しいことではありませんが、8月中旬以降は産卵を済ませていたりすることが多く卵の産卵の期待は薄れてしまいます

運よくペアでクワガタを捕まえた時は産卵にチャレンジしてみましょう!

オスだけメスだけを捕まえた場合は、ペアにしてあげられるようにクワガタを捕まえに行きましょう!また、産卵を目的とする場合はオスのクワガタムシの数よりもメスの数が多くなるように工夫してあげると確率が上がります。

産卵木がなくてもマット(土)に卵を産むこともありますので、よく観察してみて下さい。 


ウェブページ

クワガタの捕まえ方Blog

ご訪問アクセスいただきまして有難うございます

本ブログサイトは、カブトムシやクワガタを捕まえて飼育する方法や効果のあるトラップなどについての情報交換コミュニティブログです。

飼育日記やお役立ち情報、最新ニューストピックスなどのコンテンツとして記事配信していきますので、宜しくお願い致します。

Powered by Movable Type 5.13-ja

カブトムシ・クワガタbbs

このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうちそだて方カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはそだて方: 2008年6月です。

次のアーカイブはそだて方: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

関連キーワード

飼育 幼虫 さなぎ 育て方 採集 蛹 寿命 種類 飼育方法 捕まえ方 トラップ 餌 罠 仕掛け 樹液 交尾 卵 マット 水分 隠れ家 ポイント